CHECK

どこから?何をする?を解決!結婚式を挙げる前に必ず知っておきたい基礎知識まとめ

当サイトはどこから何をするのかの疑問を解決する、結婚式を挙げる前に必ず知っておきたい基礎知識をまとめてご紹介しています。
式をしたいけれど分からないことが多くあるという場合にも、おススメできるサイトです。
式の会場は早めに決めておくことが大切です。
まだまだ先と思っていても、案外早く時間が過ぎてしまいます。
式で着る衣装を選ぶときのポイントも押さえておき、洋装や和装などの自分たちに合っている婚礼衣装を用意しましょう。

どこから?何をする?を解決!結婚式を挙げる前に必ず知っておきたい基礎知識まとめ

結婚式を挙げたいけれど、どこから準備をすれば良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。
結婚式準備の基礎知識として、まずいつ頃にどんな結婚式をしたいのかを考えて式場を押さえることから始めると良いでしょう。
ゲストを招待する場合には、十分な余裕を持って式場の予約をしておきます。
日取りは新郎新婦の都合はもちろん、ゲストの負担にならないものを選びます。
遠方から来てもらうゲストには、交通費や宿泊費をある程度負担することも大事です。

挙式から披露宴など結婚式の本番の流れ

結婚式の当日はまず新郎新婦が会場入りし、準備をスタートさせます。
ヘアメイクに時間が掛かる新婦は、新郎よりも早めにスタンバイすることが多いです。
結婚式本番の1時間前くらいから徐々にゲストが集まり出して、新郎新婦の準備完了を待ちます。
その間ゲストは専用の控室で待機するケースや、待合室で集まっているなどします。
本番直前になると挙式会場にゲストが案内されて、皆が着席します。
全員が揃ったタイミングで新郎新婦もスタンバイし、挙式がスタートするという流れです。
挙式では主役の入場や誓いの言葉、指輪の交換などが行われます。
最後に退出するときにはゲストに見送られて、二人が会場を後にします。
挙式に参加し終えたゲストたちは、そのまま披露宴会場に行くのです。
披露宴会場の前で受付を済ませ、中に入ります。
指定された席に着席して、二人の到着を待つのです。
披露宴が終了すると新郎新婦がゲストを見送り、ちょっとしたプレゼントを渡して挨拶をします。

何から始めれば良い?結婚式の準備と段取り

結婚式の準備のファーストステップは、挙式のイメージを新郎新婦で一致させることです。
ドラマの挙式シーンやウエディング情報誌を参考にしながら、理想の結婚式を話し合ってみましょう。
そうすることで挙式スタイルが明確になっていきます。
キリスト教式にするのか神前式にするのかや、たくさんの友人を呼ぶのか身内だけで小ぢんまりと行うのかなどをどんどん決めてください。
イメージが一致したら、次は結婚式場を選ぶ段取りに入ります。
この式場選びの準備としては、親や親戚のスケジュールを把握しておくことが大事なポイントなのです。
ちなみに5月と10月は挙式のトップシーズンとされていて、費用が高くなる傾向があります。
結婚式の日程が決まったら、上司や職場の同僚を招待していきましょう。
挙式の半年前までに連絡するのが、基本的なスケジュールです。
ただし上司や同僚が同じ職場にいるからといって一斉メールで連絡すると、軽々しい印象になってしまいます。
同じ部署に所属していたとしても、一人ひとりに結婚の報告しながら段取りを進めていくことが重要です。

結婚式は国内?海外?どちらで開催する?

結婚式を計画している新郎新婦は決めるべきことがとてもたくさんあります。
その一つに、どこで結婚式を挙げるべきか?ということです。
中には、新婚旅行を兼ねて海外で挙げたい、という新郎新婦も多いようです。
では、結婚式は国内が良いのかそれとも海外が良いのでしょうか?実はどちらにもメリットがあります。
国内でしかも近場で行うなら招待客が気軽に来ることが出来ますし、大勢の人を呼ぶことが出来るというメリットがあります。
一方ハワイ・グアム・フィージーといったところで式を開催するなら、多くの招待客を呼ぶことはできないかもしれません、美しい海をバックに結婚式を行うことが出来ますし、新婚旅行・家族旅行として思い出を残すことが出来ます。
どちらにもメリットとデメリットがありますので、新郎新婦・両親・ウェディングプランナーとよく話し合って決定することが出来ます。
どちらを決定したとしても、いい思い出になるに違いありません。

顔合わせや食事会もしておくと安心!結婚式前には婚約のイベントを

結婚式を挙げると決定したのであれば、それは家同士の結婚ということも考えていかなければなりません。
駆け落ちしたという事でなければ両家で顔合わせをすることも大事ですし、いきなり結婚式で顔合わせというのは控えたほうが良いです。
婚約をする前の段階でも出来れば相手を紹介しておくというワンクッションがありますと、結婚を決めた時にもスムーズに話せるということもあるかもしれません。
しかし例えば今増えていることも有りますが授かり婚の場合など、それが出来ないこともあるでしょう。
そんな時には結婚式前には必ず顔合わせをしておくようにします。
結婚式の日取りがきまったら、それまでには日程を組んで両家で食事会などを開催するのも良いでしょう。
そこで仲良くなっておけば結婚生活を進めていく中でもうまくいく事も多いです。
家同士の結婚という考えは古いと思う方もいるかもしれませんが、大事な子どもが結婚をするとなれば相手の家の事も気になるものです。

結婚式に関する情報サイト
結婚式の基礎知識

当サイトはどこから何をするのかの疑問を解決する、結婚式を挙げる前に必ず知っておきたい基礎知識をまとめてご紹介しています。
式をしたいけれど分からないことが多くあるという場合にも、おススメできるサイトです。
式の会場は早めに決めておくことが大切です。
まだまだ先と思っていても、案外早く時間が過ぎてしまいます。
式で着る衣装を選ぶときのポイントも押さえておき、洋装や和装などの自分たちに合っている婚礼衣装を用意しましょう。

Search